ミニマリストな僕と、物が捨てられない私

ミニマリスト思考な僕と、それを邪魔する私。日々の生活の記録。

東京から1時間半。イチゴ狩りおすすめスポット

苺が大好きな我が息子。
イチゴ狩りは毎年の恒例行事です。

今回は東京からも日帰りで行ける、大満足のイチゴ狩りスポットをレビューします。

毎年行っても外れなしのイチゴ狩りはココ!

私たちが毎年行っているのは、千葉県山武市にある、「和苺園(なごみいちごえん)」です。

nagomi15.com

東京から車でいくと、高速を使って1時間弱の道のりです。

 

様々な種類の大きな苺

こちらの園の特徴は、6種類の品種が食べ放題であること。
真っ赤な苺がたくさんありますし、

一粒一粒が大きい。

道の駅で5粒700円で販売されているような大きさの苺が、食べきれないくらいたわわに実っているのです!

イチゴ好きにはたまりません!!

 

昔はせっかくいちご狩りに行ったのに、団体さんの後で、小粒のいちごをなんとか探して食べた苦い思い出が・・・

これでは入園料のもとは取れませんし、来年行くのは考えてしまいますよね。

 

しかし和苺園はいつ行っても、大きな赤いいちごがたくさん実っているのです!

そんな光景を見るだけで幸せな気持ちになります。

 

練乳なしでも十分甘い苺たち

こちらは練乳のサービスはありません。

しかし・・・「練乳なんて必要ない!」

 

苺の甘さだけで十分なくらい、あまくて美味しいのです。
練乳無しでどんどん食べられました。

ちなみに私は60個ほど食べ、息子も30個は食べています。

それでもまだまだ赤いいちごがあるんですから、すごいです・・・!

 

腰が痛くならない2段式 

和苺園の苺は2段式。

上下2段に苺が実っているので、子供でも目の高さの苺が取りやすく、

大人は上の段をメインに食べられるので、腰を痛める心配もありません。

昔行ったいちご園は、一段しかなく、地面にしゃがんで取らなきゃならず探すのも大変、腰も痛くなり大変でした。

 

 

お店の方が笑顔で親切!

気持ちよくイチゴ狩りする上で大切なのは、スタッフの方々の対応です。

美味しいイチゴでも、制限時間を厳しく言われたり、お店の方の対応次第で、もう行きたくないという気持ちになるのも事実。

 

しかし、和苺園のお店の方は親切で、受付の際も優しく苺の採り方をレクチャーしてくれます。


今回も私たちが苺に夢中な中、スタッフの方々は肥料のチェックや、駄目になっている苺がないか点検しており、丁寧に苺のお世話をしているんだなあと感じました。

 

 

 

お手洗いも清潔

お手洗いは二つ、駐車場の近くに併設されており綺麗です。

冬場はやっぱり寒いですが、清潔なお手洗いなので安心して利用できます。

 

営業期間と料金について

苺狩り入苑料・開苑時間|和苺苑(なごみいちごえん)山武市成東観光苺組合

営業期間は1月~5月。
9時開園です。
大人 1700円
子供(4歳~6歳)1300円

3歳以下 500円

時期によって料金が決まっているのでHPをご確認ください。


苺がなくなってしまうと終了なので、できる限り早めの入園をおすすめします。

9時~10時に入園すると、真っ赤で美味しい苺がハウスに溢れていましたよ~!

早めの時期のほうがいちごは大きくて甘いので、ぜひ週末のお出かけに出かけて見てくださいね。